4月13日に自然学講座開講式を行い、2019年度がスタートしました。この1年どうぞよろしくお願いします。

1.2019年度自然観察会参加者募集のお知らせ
   
(1)琵琶湖ゆりかご水田と河辺生き物の森 5/21 5/22
   (2)上野村の伝統回帰の暮し 6/25~27  
2.”うみひるも 239号を読みましょう
     田中先生連載「有明海・三陸の水辺から」は
      ”「柳川掘割物語」第2幕バイオロギングによるウナギ調査
   TOP(上段)の「うみひるもから」でも 閲覧できます。
 3.倉田麻里さんの農林ゲストハウス「イロンゴ」紹介
                
フィリピン・ネグロス島でマングローブの森の再生に現地の人々と取り組む一方、自然豊かな三重県津市白山町の魅力とフィリピンの文化を融合させる活動をされています。このたび、実家の築130年になる古民家を改造し、ゲストハウスをオープンしました。2018年1月、自然学講座で講演していただき、2020年1月にネグロス島観察会で案内していただきます

 
①新聞紹介記事から ⓶パンフレット

  ゲストハウスの利用は年間コースが基本ですが、一回のご利用も
     可です。利用料金など詳細は「イロンゴ」へお問合せ下さい。   
4.「春!桃源郷に赤・白・ピンクの花を求めて」
                
  投稿 船本 浩路さん
             写真をダブルクリックすると開きます。

            
 5.北限のトラ生息域タイガ保全プロジェクト報告書
        (2004年6月~2018年.6月)
  
一般財団法人 地球人間環境フォーラム:野口栄一郎さん
               写真をダブルクリックしてください。
6.北海道胆振東部地震災害支援のお願い
  
多くのご支援をお願いします。詳しくはこちら。
                             
 
  
   自然学講座開講式を4月13日に執り行いました。

  自然学講座の2019年度事業は環境省近畿地方環境事務所の後援をいた
    だき実施することになり、本日河本晃利所長をお招きしました。
  金戸千鶴子副代表理事、田中克当講座コーディネーター、河本所長の
  ご挨拶要旨を紹介します。


 
金戸千鶴子 副代表理事
  田中先生からの4年間のご指導と2019年度並々ならぬ素晴らしい
  カリキュラムをつくっていただいたことに深く感謝し、今後シニア
  自然大学校が持続的により自立した活動ができる力を備える努力を
  惜しまず、先生の負託に応えたい。


 
田中 克 先生
  現代の世はお金持ちになったけど心の豊かさを失い、心が荒地の
  ようになっている現実のなかで、どうすれば確かな未来につなげ
    ることが出来るかを皆さんと共に考えていきたい。また縁の下の
    力持ちの存在はこの会を支えるうえで大切な存在であり、このこと
  にも傾注したい


 
河本晃利近畿地方環境事務所長  
  環境保護活動は昔は行政が行うものとの認識で
  あったが、現在では市民活動の力がますます重要
  な時代になってきた。自然学講座は自然科学の世界
  だけにとどまらず、巾広い分野での活動を計画され
    ているが、多くの経験を積み、環境を見る眼を磨い
    てほしい。
     認定NPO法人シニア自然大学校連絡先

  〒540-0012 大阪市中央区谷町3丁目1番18号 NS21ビル8階
    TEL 06-6937-8077  FAX  06-6937-8078
     Eメール [email protected]
           URL http://www.sizen-daigaku.com
           郵便振替口座 00980-8-165285