自然学歳時記

    タケノコ(筍)

 二四節気・七十二候では、新暦の五月十五日から二十日ごろは第二十一候の「竹笋生(たけのこしょうず)」といい、筍が生えてくる時期をいうとのこと。でも、地球温暖化のせいか、最近はもっと早くから地上に現れるようで、今年は四月中旬には市場で多く販売されていました。昔からの季節感が年々ずれてくることを、タケノコを見て改めて思う今日このごろです。

 筍の皮の内側すがすがし
  永田万年青 六花 2015年8月
             (俳誌サロンから)

 このスペースに、四季折々の季節の便りを掲載します。皆様の投稿をお待ちしています。