自然学歳時記

  ゲンゲ(レンゲソウ)

田植前の水田一面に咲き乱れるゲンゲの花は春の農村の風物詩であったが近年すっかり見ることが少なくなった。中国原産 のマメ科植物で地中の根粒菌と共生し、空中 チッソ固定能力があるので、チッソ分が 地中になくても生育でき、土壌にチッソ分 を増やすことが出来る。緑肥として有用で あるが化学肥料に押され、栽培することが 少なくなった。蜜源としても利用され、 養蜂家にとっても大切な植物。その復活を 望む声は少なくないようであるが・・。 和名のゲンゲは別名の「レンゲソウ」が なまったという説がある。   

げんげ田に寝ころび子共の頃の空
     川口襄 王道 1998年.9月
        (俳誌サロンから)

 このスペースに、四季折々の季節の便りを掲載します。皆様の投稿をお待ちしています。