自然学歳時記

     ブドウ(葡萄)
  

ブドウがおいしい季節になりました。
「葡萄」はウズベキスタン地方のbudowa、ギリシャ語のbotrusが中国語で「ぶどう」と音訳されたもの。世界のブドウ栽培の歴史は紀元前約3000年前から。日本では中国から渡来した東アジア系ヨーロッパブドウが平安時代末期の文治2
年(1186)甲斐の国(山梨県)で栽培が始まったもののなかなか普及しなかったが、江戸時代になり勝沼が中心になって甲州名物といわれるまでになりました。現在生食用の生産量は巨峰、デラウェア、ピオーネの順
とか。
 
あめつちの恵み静かに葡萄垂れ
 
  村越化石  濱 2000年11月
       
   (俳誌サロンから)

 このスペースに、四季折々の季節の便りを掲載します。皆様の投稿をお待ちしています。