つれづれ昆虫採集日記

大阪城セミの羽化の観察会編 平成20年7月18日

以下の写真はクリックすると少し大きめの写真を見ることが出来ます
 今日はクマゼミの誕生日。
 地面を探すと直径2cm前後の穴があちらこちらにあります。大きな穴の方はもう抜け出た後、やや小さい穴を覗くとセミの幼虫と目が合います。暗くなるのを待っています。時間になると穴から出てきて、木を目掛けて歩き出し、木に登りはじめます。移動の速さは遅いようで早く、ちょっと目を離すともうあんなところまで。
 気に入った場所で止まり動かなくなります。背中が割れて上半身を出し、反り返ってイナバウワーを披露。脚が固まると上体を起こし、しっかり掴まり次は下半身を出します。だんだん翅が伸びてきて、透き通った翅は青く光りとても綺麗です。立派なクマゼミに変身できました。
 めでたし、めでたし。
NPOこどもとむしの会 http://www.konchukan.net

シニア自然大学 昆虫科