金木犀の香に出迎えられました。   

 10月10日(水)雲一つない日本晴れ。モノレールの駅を出ると、金木犀の花の香に包まれます。二日続きの雨の後です。虫がたくさんいるだろうと期待して出掛けました。ピンクオークを探しに、いつもは行かない東口の鉄鋼館の裏手の方に足を伸ばしました。そこで、クロコノマを見つけました。コムラサキを探して柳の木を見て回りましたが、見つけられませんでした。コスモスフェスタの看板の大きさに惹かれて行ってみましたが、まだまだ2分咲きといったところでした。いつまでセミは鳴いているのかのチェック。ツクツクボウシがまだ1頭鳴いていました。

ピンクの枠の写真はクリックすると大きめの写真が見ることができます

今日の一首 オオスカシバが羽化直後に強く羽ばたき自分で麟粉を落とす
                            という話を聞きて読める

スカシバの 透明な翅は 自作自演

ハチに擬態 するためなのか

シニア自然大学 昆虫科 金子 留美子