ツクツクボウシが夏の終わりを告げるはずですが…

 8月16日(木)。晴れ。ツクツクボウシの声が随分増えた昼下がりの園内。今日の気温は体温より高いのではと思われました。まるでお風呂に浸かっているようです。こんなに暑いと昆虫もお昼寝するのか、暑さにばて気味なのか、いつもより随分近くまで寄れて撮影できました。ツマグロヒョウモンがミネラル不足を補うためか、鞄や帽子を盛んに舐めています。動かずにじっとシャッターチャンスを狙っていると、とうとう私の手の甲に乗り、口吻を動かしているのには驚きました。それを撮るのは苦労しました。帽子をかぶろうとしても逃げようともせず、しばらく蝶を付けたまま歩いていました。私ってそんなに美味しかったかな。随分虫除けスプレーはかけていたはずなのですが、それも汗で流れたようです。

チョウの写真5枚はクリックすると大きめの写真が見ることができます

今日の一首 ツマグロヒョウモンが汗を吸おうとしているのを見て詠める

蜜だけが 蝶の餌では ありません

泥水も 糞も ミネラルたっぷり

シニア自然大学 昆虫科 金子 留美子