ツツジを求めて日本庭園へ。
 5月4日(金)。今日も晴れているので、万博に行ってきました。連休の中日。モノレールから見える高速道路は車が動かず駐車場のようです。今日も人はいっぱいです。
 ツツジの季節というのに、自然文化園のツツジは選定の時期が悪いのか、さっぱり花が咲いていません。花を求めて、今日は日本庭園を歩いてきました。
 日本庭園のツツジは見ごろでした。ツツジで吸蜜する蝶を期待していたのですが、アゲハはアオスジアゲハが多く、トウカエデの花にたくさん来ていました。モンシロチョウは口のサイズが合わないのか、これもツツジには来ません。昨日のルピナスに続き、ツツジもはずれでした。日本庭園では、サトキマダラヒカゲがよく飛んでいました。
 どういうわけか、カメムシにはよく会いました。今日はカメムシの日になりました。それではと、ハゼの下でアカスジキンカメムシを探しましたが、二匹目のそれには出会えませんでした。
今日の一首
卵を守るエサキモンキツノカメムシを見て詠める
子を守る 背中のハート 伊達じゃない

昆虫も同じ 子を思う母
シニア自然大学 昆虫科 金子 留美子