ツユムシが気になって。   

 1月4(金)晴れ。昨日見つけて撮ったツユムシを自宅でしげしげと見ていたら、なぜそこで死んでいたのか気になって、それを確かめに今日も出かけることにしました。
一目散にその場所まで行き、樹木のプレートをめくってもいません。必死で下を探すと落ちています。拾って見ましたが、ただの死がいのようです。実は、冬虫夏草かと思ったのです。昆虫に細菌が付き、体からきのこが生えてきて死んでしまうのです。それかと思いましたが違ったようです。残念!
後は万博公園の散策。日本庭園で鯉の餌を買ってやっているとカイツブリが近づいてきました。メジロが赤い実をついばんでいました。ビオトープ池にカワセミがいて、ときどきダイブします。夕方ねぐら入り前の大集合。カラスの生る木がありました。万博公園は毎日行っても飽きないところです。

ピンクの枠の写真はクリックすると大きめの写真が見ることができます
           

  今日の一首    ダイブするカワセミを見て詠める  

梢より 狙い定めて ダイブする

空振りも多く 餌は冬眠中

シニア自然大学 昆虫科 金子 留美子


お正月のアニメは
「ぱたぱたアニメ館」url:http://www.pata2.jp/index.htmlよりお借りしました